« なにやら発売延期・・・だそうで | トップページ | Newルヒュール »

2008年2月24日 (日)

解体新書 ルエッセティエロType-G 頭部・胴体編その2

ルエッセティエロの解体新書第3弾。
今回は前回に引き続きメインの部分である胴体の解説です。

胸部

20080217_015 20080217_01620080217_018

折り方は、

太腿基部:緑+180
太腿中央部:青-90(左足は青+90)
炎装殻膝:緑-110

です。

今回は見た目的にいかり肩になるように太腿中央部を青-70(左足は青+70)で折ってあります。

肩部へのジョイント

20080224_00520080224_006

構成は両腕のゼピュロスから

    ボレアス(パターン2)
        ボレアス先端のジョイント(上に来る側)から オルフェウス - ポールアタッチメント
        ボレアス先端のジョイント(上に来る側)から トリアイナ - 吠莱壱式

となっています。

20080224_008

オルフェウスは緑+40(左側は緑-40青+180)、赤は炎装殻にラインが合うように回転させます。
(今回は赤+20(左側は赤-20))

トリアイナは赤-80で回転、吠莱壱式は銃口が後ろを向くように緑-180で回転させます。

20080217_001
これで上半身が完成します。

次回は両肩の解説を行おうと思います。

|

« なにやら発売延期・・・だそうで | トップページ | Newルヒュール »

解体新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解体新書 ルエッセティエロType-G 頭部・胴体編その2:

« なにやら発売延期・・・だそうで | トップページ | Newルヒュール »