« 実写版スーパー合体 | トップページ | ザンライザー »

2009年8月16日 (日)

解体新書 鎧装姫改修型 下半身2

一ヶ月間が空いてしまいましたが、下半身その2脚部部分の解説をします。

20090816_004
下半身全体図

20090816_005
左足フレームむき出し状態
手前のスタンド×2はディテールアップ用のパーツです。

20090816_006
太もも部分
関節基部よりオルフェウスヂェリカン蓬莱となっています。

20090816_007
膝関節部分
蓬莱よりトリアイナヂェリカンボレアスとなっています。
一応トリアイナとボレアスのジョイントで2重関節となっています。

20090816_01520090816_016
膝下部分
基本は戦車型のパイルバンカーとサブアーム左右1セットで構成されています。
で構成されています。

20090816_014
膝部分
ボレアスのジョイントからトリアイナをはさんでドリルが取り付けしてあります。

20090816_01120090816_012
太ももレーザーキャノン部分
蓬莱の股関節に近い内側のジョイントに接続しています。
20090816_013
これにより、レーザー部分のみ外側に開くように稼動させても
トリアイナの刃先が飛び出ることが防げます。
・・・といっても開きすぎると蓬莱を突き抜けて見えてしまいますが・・・
20090816_009
膝下部分フレーム
ボレアス後ろ側上のジョイントからトリアイナヂェリカンアサルトライフル
で構成されています。
アサルトライフルの銃口部分のジョイントからかかと部分
オルフェウスヂェリカン天使コマンド型シールド戦車型装甲版×2

左右のジョイントからサイドフレーム部分
ヂェリカンヂェリカンアサルトライフルトリアイナ
と続いています。

20090816_008

20090816_020
※ 図では片側のみです

サイドフレーム部分のトリアイナの先端に戦車型のサブアーム
アサルトライフルの内側のジョイントに火器型のガトリングキャノンを
外側のジョイントには天使型の増設アーマーを取り付けします。

20090816_019
※ここは片側のみ取り付けです。

サブアームの腕の上側のジョイントにパイルバンカーを取り付け、
銃底部分のジョイントにラピッドランチャーを取り付けします。
手のひらジョイントにはヂェリカンを取り付けしていますが、これは外側に
更にサブアームを取り付けするためです。

20090816_022 20090816_021
サブアームを折りたたんだ状態
これで脚部の大まかな形は完成です。

20090816_018
脛の蓬莱部分
パイルバンカーの中央のジョイントからオルフェウスヂェリカン蓬莱と接続します。
オルフェウスのジョイントがパイルバンカー内に入るように配置します。

後は細かいパーツをつけて完成です。

20090520_004
パーツ数が非常に多く、組み合わせもかなり複雑ですが、
挑戦できる人はぜひ挑戦してみてください。

|

« 実写版スーパー合体 | トップページ | ザンライザー »

解体新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解体新書 鎧装姫改修型 下半身2:

« 実写版スーパー合体 | トップページ | ザンライザー »