« MG Vガンダム Ver.ka | トップページ | 1/72 VF-27γ »

2009年12月13日 (日)

シンケンジャー ミニプラ サムライハオー

見た目のインパクトで買ってしまったミニプラシリーズ。

トイ版では前年度のエンジンオー同様、全合体を達成して
なんだかよく分からない動く御神体となっていましたが・・・

Sn3f0141
シンケンオーの4種とダイテンクウの3種、
ダイカイオーの3種とモウギュウダイオーの2種を揃える事で完成します。
掻揚げ状態はそのままですが、プロポーションはトイ版よりも縦に長くなっています。

ちなみに組み立て後、部分塗装していますが・・・
塗る場所が多くて途中で挫折しています。

Sn3f0142Sn3f0143
合体方法はトイ版と違っている部分があります。
前後に長い合体形態は同じです。

モウギュウダイオーは更に両足も分解して熊龍に履かせる形で合体しています。
明らかに後ろに重心があるため、テンクウオーの尻尾を延長パーツで延長して
支えとしています。
この為にモウギュウダイオーにミニプラオリジナルの延長パーツが付いています。

Sn3f0146
頭部アップ

牛の電動アクションがない(当然ですが)ので頭のディスクは連動回転しません。
合体方法の問題から頭部は動きませんが、顔パーツは若干左右に回す事が出来ます。
・・・本当に若干ですが。

Sn3f0144
HGガンダムとのサイズ比較。
MG並みの大きさがありますが、各部の出っ張りと奥行きのせいで
PG並みの置き場面積を使用しています。

Sn3f0147
ここ数年のミニプラ同様、各関節は稼動します。
が、両足の保持力ではまったく重量を支えることが出来ない為
ポージングには制限がかかります。

全合体前の各ロボットの可動範囲はかなり良好です。
ここはさすがバンダイ。

Sn3f0140
それにしてもトイ版とは同じロボットには見えないプロポーション・・・

食玩の価格とパーツ数でこの可動範囲は侮れません。

|

« MG Vガンダム Ver.ka | トップページ | 1/72 VF-27γ »

フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンケンジャー ミニプラ サムライハオー:

« MG Vガンダム Ver.ka | トップページ | 1/72 VF-27γ »