« リボルテック VF-1S | トップページ | 玄武装 呂布トールギス »

2010年1月23日 (土)

Z系とジム系の融合

HGUC リゼル(一般機)が発売されたので早速組んでみました。

Sn3f0199_5Sn3f0200_3
現時点で連邦軍初の可変量産型MSで、変形方式はメタス方式を採用しているということです。
ジェガンと共通パーツを使用している為、リ・ガズィと同じ形式でありながら
見た目はガンダムではなくジェガンに近いです。

Sn3f0202_2
武装はビームライフル、ビームサーベル、シールドと標準的な装備が付属しています。
シールドにはビームキャノンが内蔵されています。

設定上はビームサーベルは腕に格納可能ですが、キットでは再現されていませんので
サーベル基部は余剰パーツとなってしまいます。

設定ではZシリーズ恒例の腕部グレネードはビームサーベルと選択式だそうです。

Sn3f0203_2
可動範囲は変形機構の都合で腰はほとんど左右に回りませんが、
ボールジョイントの為前後に可動します。
脚部は変形機構のおかげで立てひざが可能な程可動します。

それではウェイブライダーへと変形。

Sn3f0205
変形はHGUCのZガンダム同様の差し替え変形です。
まずMS形態を分解します。

Sn3f0204
分解したパーツをウェイブライダー用のパーツに組み込みます。

Sn3f0206
ウェイブライダー形態で余るパーツ

頭部両腕胴体半分と股関節パーツです。

 

 

Sn3f0208Sn3f0207
ウェイブライダー形態

メタスに良く似ています。
サブフライトシステムとして運用する事も想定されている為、
ジェガンが捕まる為のグリップも装備されています。

Sn3f0209
どう考えてもリゼルの開発ベースとなっているはずのZⅡとの対比

1/144ではZⅡは出ていない為、ZⅡはG.F.Fのものです。

メタス方式を採用といいつつも変形方式は腰アーマー以外は完全にZⅡ形式です。
ZⅡも変形機構の簡素化の為メタス方式を採用という設定があったような・・・

しかし、ここまで似ていながらリゼルの設定からは完全に除外されていますねZⅡ。
ZⅡの出所がZMSVなので致し方がない所ですが・・・

今後、3月には隊長機の発売も予定されているリゼル。
とりあえずは誰もが考えるZⅡへの改造ですかね・・・


 

|

« リボルテック VF-1S | トップページ | 玄武装 呂布トールギス »

フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524805/33095790

この記事へのトラックバック一覧です: Z系とジム系の融合:

« リボルテック VF-1S | トップページ | 玄武装 呂布トールギス »