« 天熾鵬 司馬懿サザビー | トップページ | ダブルタクティカルアームズ »

2010年2月27日 (土)

MG アストレイレッドフレーム改

このレッドフレームが出ると見越して、ブルーフレームの方はスルーしました。

Sn3f0233_3

レッドフレーム改・・・という事でブルーフレームセカンドが使用している『タクティカルアームズⅡL』が追加されています。

その代わりノーマルのバックパックとビームサーベルは取り外されています。
更にビームライフルとシールドもありません。

 

Sn3f0249_2Sn3f0250_2

Vフォーム

 

これが標準形態のようです。
ブルーフレームセカンドとはブレード部分が上を向いていてV字型になっているのが特徴です。

後ろから見ると握り手部分が突き出ていますが・・・

Sn3f0252

取り外してビームトーチとして使用できます。

Sn3f0248_2

フライトフォーム

ブルーフレームセカンドとは取り付け方法が逆になっていて、
エールストライカーのように翼が垂直になります。

ブルーフレームセカンド形式のフライトフォーム取り付けも可能です

Sn3f0253

Sn3f0254

ソードフォーム

とにかく大きいです。

この状態ではまず自立しません。
が、支えようのディスプレイスタンドが付属しますのでコレで支えることが出来ます。

Sn3f0255

アローフォーム

ガトリングから変更されている部分。
巨大な弓状になりますが、ビーム砲。
クリアパーツでビームの矢が付属します。

Sn3f0239
ワークフォーム

巨大なアームです。
タクティカルアームズⅡが二つあれば両手にクローが出来たり。
ちなみにこの形態のみビームトーチ部分は取り外す必要があります。

ちなみにブルーフレームセカンドの一部のランナーが
レッドフレーム用に変更となっているだけの為・・・

Sn3f0244_2

タクティカルアームズはブルーフレームのタイプにする事も可能。
ブルーフレームに装備しなければレッドフレームがこのように使用していたはず。 マガジンパーツは付属してきませんでしたが・・・ガトリングフォームにもなります。

Sn3f0245_2

もちろんソードアームにもなります。
ブルーフレームには付いていたビームの刃は付属しません。

Sn3f0256

ガーベラストレートとタイガーピアス

組んでしまうとどちらがどっちか分からなくなります。
鞘の取り付け箇所は腰では太ももへと変更になっていますが、
ボールジョイントで接続されているので稼動の妨げにはなりません。

Sn3f0242_2

とりあえずノーマル仕様っぽく

ビームライフルは1/100の物、シールドはMGストライクの物を装備。
シールドはジョイントが同じなので無改造で取り付けできます。
塗装はしないといけませんが・・・

パックパックは1/100の物を使用できそうですが、
背中のフレームとバックパックをつなぐアームをプラ版等で自作する必要があります。
それほど複雑な改造は必要なさそうなのでやってみたいです。

Sn3f0246_2

稼動範囲はかなり良好。PGアストレイよりも良く動きます。
特に足首はHGダブルオーに近い関節となっているので、足を大きく開いたポーズでも
しっかり接地できます。

腹部には引き出し式の関節が採用されていて上半身を前後左右に動かすことが出来ます。


プロポーションはPGに近いデザインですが、HGのようなシャープな隊形。
旧1/100よりも若干小さく見えます。

赤いランナーにはアンダーゲートが採用されているので、
ゴールドフレームも出す計画がありそうですね。

レッドフレームがこのような形で登場しているのでゴールドフレーム天の
装備追加型等で登場するのでしょうか?


ちなみにゴールドフレーム天への改造はブリッツの右腕部分をMGに合わせて改造できれば残りのパーツは比較的簡単に出来そうです。
・・・金色の塗装が難しそうですが・・・

|

« 天熾鵬 司馬懿サザビー | トップページ | ダブルタクティカルアームズ »

フィギュア」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524805/33556713

この記事へのトラックバック一覧です: MG アストレイレッドフレーム改:

« 天熾鵬 司馬懿サザビー | トップページ | ダブルタクティカルアームズ »