ワンユニでもマルチユニットでも製作できるサポートメカを目標に試作。
後ろの飛行形態ではマルチユニットで、手前の合体形態ではワンユニットで製作されています。