後継機が次々と開発され、旧式となったトールハンマーに
スヴィズニルの技術を使用し最新可変戦闘機と同レベルまで戦闘力の引き上げを行った機体。
最高速度より機動性を重視した設計はトールハンマー、スヴィズニルがらそのまま引き継がれている。

トールハンマーⅡ独自の装備として機首ランスにエネルギーフィールド発生装置も装備。防御力も若干強化されている。
(そのため、スヴィズニルと異なり機首は神姫フォームで取り外して手に持つことができない。)

トールハンマーはトライアル終了後、生産終了となっていて現存するのは神姫博物館のコアの取り外された2号機のみである。
その為、トールハンマーのパーツが入手できない現在、このトールハンマーⅡはCG画像のみで実機は存在しない。
(現在の主力機でトールハンマーⅡと同等の戦力が期待できる為、わざわざラインを立ち上げ再生産する必要は無い・・・というのが軍の考えである。)

武装:スナイパーライフル×2(換装可能)、機首ランチャー×2、機首エネルギーフィールド、ミサイル×6(換装可能)