ブリッツシュヴァルベをベースに通常神姫サイズに最先端の技術を詰め込み強化を行った完全なワンオフの可変神姫。

有機可変翼及びレーザースラスター、エネルギーフィールドを装備。
その機動力は通常の飛行神姫をもとより、可変神姫でさえも凌駕する。
最大の特徴である有機可変翼はブリッツシュヴァルベの運用データから制御AIをさらに改良。
デルタ翼から後退翼へと形状・翼面積を変化させる事でフライトフォームでも飛行型神姫以上の運動性を発揮、さらには鳥のように羽ばたきを行ってのホバリングまでを可能となっている。

武装面でも強化が行われ、遠隔攻撃端末『稲妻』を装備。
姫体の両腕・両腰・背中に装備され、フライトフォームの時は尾翼のように見えるこの装備は
本体から分離、自立飛行を行いつつレーザー攻撃・打撃攻撃を行う武器である。
これはフォルテの通常装備で試験装備を行っていたものだが、出力の調整が付いたため可変神姫に初めて装備されたものである。
両手の死角からも攻撃が出来る反面、フライトフォームでは本体の機動力に追従できないため使用できないという欠点もある。

固定武装:レーザー機銃×2、マイクロミサイルポッド×2、遠隔攻撃端末『稲妻』×8(神姫フォームのみ)
追加武装:アサルトライフル×2、ミサイルポッド×4